人材育成及び能力開発の研修の企画・運営なら有限会社M&Yへご相談下さい。 .....        ..HOMEに戻る............個人情報の取扱いについて

 

できる経営者になる
金銭感覚
コンサルタントの独り言
ちょっと風流に・・・
モチベーションとライフデザイン
モチベーションの高め方その1
  ライフデザインって何だ〜その1

ライフデザインって何だ〜その2

ライフデザインって何だ〜その3
人材育成のヒント
人生は意外と短い



有限会社M&Y
〒564-0052
大阪府吹田市広芝町8-12 第3マイダビル
TEL 06-6339-5659
FAX 06-6338-8965



 


 

 

 

 

 



 

 


 







仕事柄当然多くの経営者にお会いします。できる経営者に共通の事柄はいくつもありますが、金銭感覚については非常に分かりやすい特徴があります。端的に言えば「大きなお金には大雑把、小さなお金には細かい」というものです。

特に創業者に顕著なのですが、大きな投資は実に簡単に決めておられます。弊社のクライアント様はいわゆる中小企業ばかりですが、何千万円の機器購入とか、何億円の土地購入とかをあっさりと進めます。経理担当者はびっくりしていますが。一方で、一枚何千円かの作業服を余分に注文したとか、新幹線に回数券を使わずに乗ったとかにはとてもうるさい。社員からみると「うちの社長はケチなんだ」という話になってしまうのです。

この「大胆かつ繊細」な金銭感覚が経営にとって極めて重要であるということは、それこそ「感覚的に」分かると思います。それは分かるのですが、こういう感覚を身に付けるのは簡単なことではないようです。どうすればいいのでしょうか。

一つのヒントが「先人に学ぶこと」です。例えば昔の近江商人などは、丁稚奉公時代から「始末してきばる」ということを厳しく教えられました。始末を徹底し、好機とみるや一気呵成に勝負にでるということを実践で経験しながら成長していったのです。MBAでやるような超大手企業の事例研究よりも、近江商人の家訓を勉強したほうが役に立つかもしれませんね。